いくよ!ペット資格
ホーム > > ペットホテルの陰謀

ペットホテルの陰謀

殺処分は、各地方自治体が運営する動物保健センターが引取った動物を致死させることを言う。保健センターが動物を引取る状況には、正当な理由をもって家庭から引取る場合や、狂犬病予防員及び捕獲人が捕獲した動物を一時保護する場合等がある。後述するように、保護されている犬猫の8割以上が元の所有者が分からないことから、後者の引取りケースが多いことが推測される。例えば、東日本大震災や熊本地震の際には、飼育者と離れ離れになった犬猫が数多く保護された。

引取った動物の収容期間は、狂犬病予防法によると、保護された動物は最低2日間施設に収容し、公示しなければならない。しかし、上限に関しては法によって厳密に定められているわけではないため、予算や人員等の制約により1週間程度で殺処分を行うところもあれば、なかには原則殺処分を行わずに収容し続ける保護センターもあり、様々だ。

現状なされている殺処分の方法は、炭酸ガスによる窒息死や注射による安楽殺等だが、環境省の「動物の殺処分方法に関する指針」に従い、可能な限り「できる限り殺処分動物に苦痛を与えない方法」によって殺処分を行うことが求められている。しかし、殺処分対象動物が多数の場合、コストの観点から炭酸ガスを利用せざるを得ないだろう。従って、収容動物数を減らすことは、殺処分数の減少だけではなく殺処分方法の改善にも繋がるかもしれない。